最近ネットで目にするアントレカレッジの口コミと評判とは?

Pocket

最近、インターネット上でやけに目にする「アントレカレッジ」というビジネスセミナー。気になっているという人も多いのではないでしょうか…。

 

そんな私も「アントレカレッジとは何か?」と気になっているうちの一人です。今回は最近、インターネット上でやけに目にする「アントレカレッジ」というビジネスセミナーについて詳しくリサーチをしていきます。

アントレカレッジとは?

どうやらアントレカレッジというのは菅野一勢という人物と中村司という人物がメインの講師としてビジネスの講義をしている起業家塾であるということがわかりました。後ほど菅野一勢・中村司という人物については詳しく解説をしていくとして、まずはアントレカレッジ自体の説明をしていきましょう。

 

アントレカレッジとは起業の専門学校-アントレカレッジ-『起業スタートアップセミナー』の略称のようです。

 

主な対象者としては「今の仕事がなくなったら収入が途絶えてしまう」「今のままでは理想の人生は叶わない」「自分にはできることがもっとあるはず」「企業をしたいけれどお金も経験もない」といった悩みを抱える人たち。そして年商1億円に届かないビジネスで起業している人たちのようです。

 

このアントレカレッジの内容は主に5つのテーマで構成されているとのこと。1つずつ簡単に見ていきましょう。

 

アントレカレッジのテーマ: ビジネス初心者でも次々と事業を立ち上げられるインスタント起業法

「インスタント起業法」という起業ノウハウがアントレカレッジで解説されるとのこと実際に菅野一勢、中村司の弟子である「シンガポールで次々と事業を立ち上げ半年で年商2億円を突破したビジネス素人の35歳元OL」の事例の紹介されているようです。こちらの女性は多くの人のように業界へのコネクションもないですし、ビジネススキルも経験もないどこにでもいるような女性。そんな女性が

 

  • 「どうして短期間で複数のビジネスを立ち上げることができたのか?」
  • 「どうやって低予算で当たるビジネスを見つけることができたのか?」

 

など多くの人が気になるところについて詳しく紹介されています。

 

アントレカレッジのテーマ: 圧倒的な成功事例に基づく「ビジネス成功パターン」を徹底解説

アントレカレッジの講師である菅野一勢・中村司は「20社以上のオーナーを担当し、年商50億円以上をあげるカリスマ起業家」とのこと。その「20社以上のオーナーを担当し、年商50億円以上をあげるカリスマ起業家」というキャリアの中で成功させてきたビジネスの数は100種類以上。ほとんどのビジネスに対して成功事例を持っており、どんな業界でも「サクセスストーリー」を作り出すことができる、成功への道筋を教えることができるのだそうです。

 

そんな他業種ビジネスのカリスマである菅野一勢・中村司の「サクセスストーリー

」を伝授してもらうことができるのがアントレカレッジということで、上記でも紹介した教え子たちは菅野一勢や中村司の「サクセスストーリー」を教えてもらうことによってビジネスを成功させることができているのです。

 

もちろんビジネス経験は起業してから自然と得ることができるものなわけなのでアントレカレッジを受けることによってビジネス経験を得ることは難しいらしいです。しかし菅野一勢・中村司からサクセスストーリーに繋げていくビジネスビジネススキルを教えてもらうことでビジネスは飛躍的に伸びるのです。

アントレカレッジのテーマ: 反映し続ける会社の作り方

アントレカレッジでは「ビジネスを立ち上げてから年商1億円を超え、その先の5億円・10億円を見据えて成長していくために必要なノウハウや知識、ポイント」について知ることもできるようになっています。

 

「反映し続ける会社の作り方」とは何か。それは不労所得に繋がる絶対条件です。菅野一勢・中村司によるとビジネスは3つのフェーズに分かれているのです。順を追って見ていきます。

 

1つ目のフェーズのマーケティングでは、集客・販売・リピートといった活動に分かれてビジネスのその時その時の状況に合わせて対応をしていきます。また起業家である自身のビジネススキル・マーケティングスキルを向上させることによって年商1億円を目指していきます。

 

2つ目のフェーズの仕組みづくりでは、一人で行なっているビジネスでの限界を突破するための組織づくりを行っていきます。一人で行うビジネスはどうしても一人分の規模にしかなりません。しかし組織として仕組みづくりを行なっていくことによって実務を他の人に任せて自分はそ組織の成長のための文化・ルール作りを行なっていくことに。フェーズ2よりも採用、評価、教育、業務の標準化などの活動が増えてより一層「経営者」としての目線で働くこととなります。

 

最後のフェーズである継承では、菅野一勢・中村司のように仕組みが出来上がった状態の組織を下に継承していきます。これによって働く時間がどんどん減少しながらも収入を得ることができる状態に。フェーズ3にまで育て上げた企業をたくさん所有することによって不労所得が膨らんでいくのだと言うことでした。

 

アントレカレッジのテーマ: 希望者の7割が商業出版を成功させた出版戦略

実は菅野一勢・中村司は商業出版を成功させる出版戦略のプロフェッショナル。売れる本は大概、大物作家さんや社長、スポーツ選手などの知名度が高い人たち。無名の人の本なんか書いたところで出版社が取り扱ってくれるはずがない。そう思われているからこそ、商業出版を成功させる出版戦略にはチャンスがある。菅野一勢・中村司はそのように言います。

 

しかし菅野一勢・中村司が商業出版を成功させる出版戦略を指導した7割以上の受講生が本当に商業出版で成功をしてしまっています。もちろんそれらの受講生たちは私たちと同じ一般人。菅野一勢・中村司のように知名度が高いわけではありません。

 

菅野一勢・中村司、そして2人の受講生が「商業出版は正しく出版戦略を練ることによって成功することができる」ということを証明してしまったのです。

 

 

また菅野一勢・中村司は出版戦略もビジネスの1つの手段だとして捉えています。

 

ビジネスを成功させるための1つの手段。確かにビジネスオーナーが著名人というだけで一気にいかがわしい感じがなくなり世間から信頼されるようになりますよね。

 

そのように世間に認知され、信頼されるようなビジネスオーナーになれるようにアントレカレッジでは出版だけではなくテレビ・雑誌・新聞などといったメディア戦略についても学ぶことができます。ちなみに以下が菅野一勢・中村司が行なった出版戦略によって成功した書籍の一例として以下に記載しておきます。

 

  • 世界一ハードルが低い!1日1時間らくらく起業術 清水和希
  • 9割の日本人が知らないお金をふやす8つの習慣 生形大
  • 年収1億円を生み出す[ハイブリッド]不動産投資 生形大
  • 素人でも成功できる電子(ネット)出版 横山直広
  • 世界一楽しく儲かる金持ち教科書 船原徹雄

アントレカレッジセミナーの口コミと評判は?

次にアントレカレッジセミナーの口コミと評判について見ていきましょう。

 

「アントレカレッジでは菅野一勢先生・中村司先生がこれまで構築してきた「ビジネスで成功するための方法」をメソッド化した「ビジネス成功の方程式」ともいえる最強の方法論を教えてもらうことができるんです。大きい声ではいえませんが多くの起業家塾は現役の経営者が講演はしていません。。。もう引退してしまった経営者が古臭く現代では通用しないビジネスの方法論を偉そうに語っているというのが多いんです。。だから起業家塾に行ってもなかなか成功しないというのが真実なんです。でも菅野一勢先生・中村司先生のアントレカレッジセミナーは違います。世界で最もビジネスが集中していると言っても過言ではないシンガポールのビジネス界で勝負し続ける菅野一勢先生・中村司先生が「今、ビジネスをするならどうすれば成功するのか」ということを教えてくれるんです。だから成功間違いなし、なんですね!」

 

「菅野一勢先生・中村司先生と言えばすでに20社以上のオーナーを担当し、年商50億円以上をあげるカリスマ起業家でもあります。そのキャリアの中で成功させてきたビジネスの数は100種類以上。もはやどのような業界でも「サクセスストーリー」を作り出すことができると言っても過言ではありません。そんな他業種ビジネスの経験から得た菅野一勢先生・中村司先生の「成功の方程式」を教えてもらうことができるのがアントレカレッジ。上記でも紹介した教え子たちは菅野一勢先生や中村司先生の「成功の方程式」を教えてもらうことによって楽々ビジネスを成功させることができました。」

 

「菅野一勢氏自身が起業家として楽しいところも辛いところも経験されているので、「起業家には仲間がいる」という信念で、ある意味アントレカレッジをコミュニティ化したのかなと、菅野一勢氏の思いが伝わってきました。アントレカレッジ後にも受講生たち一人一人と会話されていたのも印象的でした。普通、セミナー講師って壇上で喋ってそのまま舞台袖に消えていくじゃないですか?でも菅野一勢氏はセミナー後も壇上から降りて受講生一人一人のビジネスの悩みなどを「うんうん」と言いながら聞いては一緒にどうすればいいか考えていました。だから単純に「ああ、いい人なんだな」「信用していい人だな」と思いましたね。」

 

「実際会った人の感想を読むといい評判が多いですね。私のこの記事もそうなんですが、会うと菅野一勢氏の魅力が理解できますし「この人ならビジネスで成功するだろうな」という気持ちにさせてくれる人なのです。話していて気持ちのいい性格と、ビジネスに対するひたむきさ、論理的思考を併せ持っているのでなかなかそこまでビジネスに前向きになれる人はいないだろうな、と思いますよ。」

アントレカレッジのセミナー参加料金は?

アントレカレッジの参加料金なのですが、調べたところによると3,000円ということでした。これが安いと感じるか高いと感じるか。それはみなさん次第ではありますが、基本的にこのようなビジネスセミナーの相場は5万円だと言われています。そういった一般的な価格からいえば非常に安いといえますね。

実績のある講師陣

アントレカレッジには先ほどから紹介してきた菅野一勢・中村司に併せて坂口竜一という物販コンサルティングの人も講師として登壇しているとのこと。

 

そもそもこの3人ですが、菅野一勢・中村司はアントレカレッジの講師とアントレカレッジのプライベートクラブの講師です。そして坂口竜一という人物もアントレカレッジの講師でありながら、アントレカレッジの前の登竜門として位置している零一塾というビジネスクラブの講師でもあります。

 

これら優秀な講師陣によって多くの億万プレイヤーが誕生したということはインターネットビジネス界ではあまりにも有名。実績のある講師陣に迎えられてのアントレカレッジは非常に豪華なビジネスセミナーだといえそうですね。

起業準備中の方や主婦・学生におすすめ

アントレカレッジは起業準備中の方や主婦・学生に非常におすすめであると私は考えています。なぜなら初期費用が3000円と安いこと。そして今通用するビジネススキルに併せて菅野一勢・中村司のコネクションまでも紹介してもらうことができる可能性があるということがその理由です。

 

やはり起業をする学生・主婦たちが起業を成功できないことの多くは人脈がないということに起因しています。頑張りたくても知識もコネクションもない。そのような状態での起業では成功するべきアイディアでも成功は掴めません。

 

またアントレカレッジの参加者の多くはビジネスへの意識がかなり高い人々。そんな人々と切磋琢磨して起業準備を進めていくことができるというのが何よりの財産ではないでしょうか。

まとめ

今回の記事では最近インターネット上で目にする「アントレカレッジ」について詳しく見ていきました。最後にも述べましたが起業準備中の学生や主婦の方でも気軽に参加できる費用とコスパの良さが魅力です。興味があれば公式ホームページをご覧になってはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です